BLOG

ブログ

どーも!

相原です!

今日は江藤マネージャーの過去のブログの使い回しです😌✨笑笑

焼肉を友人達5人で食べに行った話を書きます。

例によって都内の高級焼肉店。

そう全国チェーンの焼肉屋ではなく、高級焼肉店だ。

店内に入った瞬間僕は直感した。

これが一流か。

僕はいわゆる焼肉奉行と呼ばれる種類の人間だ。

自分以外の誰にも肉は焼かせない。

いい肉は塩が1番。

よく旨い焼肉屋はタレが違うというが、そんなのは僕に言わせりゃ二流だ。

ミスジ、ザブトン、シャトーブリアン。

最高だ。

特に1番高額なシャトーブリアン

とりあえず高ければ高いほどいい。

後輩がニヤニヤしながら尋ねてきた。

「先輩、シャトーブリアンってどんな牛なんですか?」

酔ってた僕は真実を知らないまま自慢気に語った。

「シャトーブリアンって地域の牛だよ」

その時の後輩の表情は今でも夢に出てくる。

おそらく後輩は無知なふりをして、気を遣って、僕を気持ち良くするため尋ねてきたのだ。

この世のものとは思えない空気があたりを支配した。

僕は空気を読むのが得意だ。

異変を感じた僕は、周囲を観察した。

そして壁に、肉の部位について書かれてある紙が貼られてるのを見て

戦慄した。

いや、えっと松坂牛とか神戸牛とかなんなの?

高級な肉ってその地域の名前がつくんじゃないの?

え?なんなの?

その日から僕は塩ではなくタレで焼肉を食べることにした。

これ以上書くと僕の好感度が下がりそうなのでやめておきます。笑

あ、江藤さんが答えた質問箱いきまーす。

なつきんぐですね笑笑

基本的に誰に対しても時間がある時は即レスします笑

シャーペンですねー!

好きな時に好きなものだけ食べてます😊✨笑

やられたらやり返す!

倍返しだ‼️

ではではー

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。